体験談

【女性目線で語る】気になるリゾートバイト体験談【実際の写真付き】

こんにちは。リゾートバイトを利用して全国を旅して回る、ホームレスカップルのらふたび(@RAFUTABI)のちえです。

いきなりですが、リゾートバイトにおいて最も重要なことは職場選びです。

ですが、実際にどんな職場かどうかは求人を見てもわかりませんので、

実際にリゾバをやってる人の現場の声や実体験というのは非常に重要になってくるかと思います。

そこで今回は、これからリゾバを始める人に向けて私のリゾバライフを一言アドバイス付きで私が思うままに包み隠さず紹介していきたいと思います。

 

私が現在いるリゾートバイト施設をサクッと紹介

今回使った派遣会社は、私が2年以上利用してる派遣会社『グッドマンサービス』です。

結んだ契約条件はこんな(↓)感じ。

  • 土地:『長野県 ●●市』
  • 場所:某リゾートホテル
  • 職種:レストランサービス
  • 時給:1,200円
  • 契約期間:2ヶ月半
  • 寮タイプ:カップル寮(家族寮)
  • 賄い:昼夕の2食
  • 賄いタイプ:コンビニ弁当

この現場は、一言でいって時給の高さと仕事の楽さ以外、つまり生活面や食事面などはなかなかしんどい現場でした。

【仕事編】基本、リゾバはレストランサービス業務は大正解だよ

まずはお仕事の紹介から。

今回のリゾバ先で4箇所目になりますが、どこもリゾートバイトのレストランサービスって正直めちゃめちゃ楽な仕事の一つ。

そして今回もめちゃめちゃ楽なお仕事で職場選びとしては大正解でした(笑)

主な仕事内容は、『オープン前にほうじ茶とコーヒーを作って、お客さんが会場にきたら席に案内。あとはひたすら下げものして掃除して終わり』です。

ほうじ茶を作ってる最中の写真(↓)

 

コーヒーを落としてる最中の写真(↓)

これに簡単なお客様案内。これだけ。正直言って、まじで楽勝すぎる仕事でした。

 

制服の紹介ですがしっかりと取ってくるのを忘れてしまってこんな写真しか無いですが奥に人がいるの見えますかね?

ワイシャツとスラックス、革靴は持参であとは、ベストと蝶ネクタイとサロンは貸し出しです。

まず、リゾバの職種の中でも『レストランサービスは比較的、バイト未経験者でも簡単にできる仕事なので一度検討してみてもいいくらい個人的にオススメの職種です。

 

私の一日の流れ

シフトは、【中抜けスタイル】。1週間に2回休みがある間隔でシフトが組まれます。

出勤時間

  • 朝の6:00~10:00
  • 夕方の17:00~21:00

具体的な出勤時間はこんな感じでした。

中抜けは、人によって暇・やることない・嫌って人もいて、確かに2回出勤することになるので夕方の出勤は「はぁ…また出勤か〜」と腰が重くなるけど

私にとっては、合間時間に寝たりブログ書いたりできるので結構気に入ってます。

6時に出勤

私は早起きは得意なので静かな朝が気持ちがいいです!

朝食会場は自由席なので、お客様の案内はなし。

会場に来たお客さんに笑顔で「おはようございます!」と挨拶をして、

お客さんのテーブルにあるお済みのお皿を下げたり、ドリンク(牛乳やオレンジジュースなど)の補充が主な業務。

 

繰り返しになりますが、仕事はまじで楽なので眠気と戦いながらも気づいたら朝の業務が終了しています。

そこからは天国です。朝の仕事を終えたら、貸切状態で露天風呂タイム。

これリゾバの醍醐味。実際の私のツイートです。

本当これだからリゾバは辞められません。この職場は山奥なんで空気も綺麗ですんでるので露天風呂が最高に気持ちいい!

朝の出勤を終えた10時ごろから11時まで、露天風呂でのんびりする時間が堪りません!!

本当にリゾバって無料で温泉に入れるの?って疑問を抱いていた方!本当に入れますよ!

中抜けの過ごし方

中抜けの過ごし方は人それぞれで、派遣メンバーは山登りしたり、トランプやったり、昼寝したりして過ごしていました。

一方、私はというと!

このようにロビーでブログを作成するのが私の中抜けの過ごし方。だって寝るのもったいないじゃん!

と言いながらも、時に睡魔に襲われて寝ちゃったりしたこともあるけど(笑)

あいにくここの寮は、部屋でWiFiが使えないので、こうしてロビーにて作業。

中抜けの時間って、お客さんのチェックイン前だからほとんど従業員の貸切状態なので気兼ねなく使えるんです。

他の子たちも、ロビーに動画をダウンロードしたりPCで映画見たりしにきてました。

 

ちなみに、一緒にきたかざしくんはフロント業務で通しシフトがほとんどだったのであまり中抜けの時間が被ることはなかったですね。

でもカップルって意外とこれくらいの距離の方がうまくいきますよ!

中抜けの時間に一緒にいれなくても、夜は一緒にいれるし部署が違うので休みを合わせることもできるので。

17時出勤

重い腰をあげて午後の出勤。

夕方は、バイキング形式でお客さんの席が全て決まっているのでお席までご案内する必要があります。

それ以外は、朝の仕事内容とほとんど一緒でお客さんのお済みのお皿を下げてテーブルをバッシング。

 

ここのホテルは、高齢者のお客さん以外にファミリーやカップルといろんなお客さんがくるので仕事という名の観察をするのが個人的に楽しい(笑)(笑)

やっぱり仕事はしっかりやりつつも、自分なりの楽しみを見つけないと勿体無いですよね!

そんなこんなで仕事は何事もなく順調にこなしていけました。

寮環境

ここの寮環境は、あまり良いとは言えません。

その理由に、

①埃っぽい

②カメムシ大量発生

③部屋が広くて暖房効かない

と障害だらけだったので。

寮の写真はこちら。

 

前の会長さんが家族で住んでいた部屋を貸し出されたので、なぜか食器やら家具やらがしっかりと必要以上に備わってます笑

ちなみに、私たちが実際に生活してたのはこのリビングだけですが、まだもう2部屋もあります。広すぎて困る寮も初めて😅

(ここの寮は、リゾバの寮としては非常に珍しい感じのタイプなのであまり参考にならないかもしれません(笑))

 

女子が一番嫌がりそうなカメムシ大量発生事件は、冬場の寒くなり始めにはすっかりどこかに消えちゃいました。

それまでは、30匹くらい天井に張り付いていてもはやカメムシと共同生活状態(笑)

きゃーという女子の悲鳴が聞こえてきそうですが、私としては「彼らはわりかしおとなしい」ので意外と問題なく住めちゃいました🤣←

ちえ
ちえ
無理な場合はすぐに派遣会社に相談しようね!

 

建物の廊下(↓)

意外と長い。

 

そして謎の空間(↓)

 

ここの寮では、洗濯機は共同で1回の使用に100円かかります。

洗濯機は全部で3台。置きっぱなしには注意で見つかった場合、管理人さんに上に報告されるらしい。

私は一度もされたことないけど、リゾバでは稀に偏ったルールがあったりします【リゾバあるある】。

ちえ
ちえ
反抗せずにちゃんとルールには従おうね!

寮の周辺環境

長野県●●市という場所は、なかなかのローカルプレイスですがリゾバ先は最寄駅から車で30分以上離れた山奥の中にある場所でした。

標高が高く冬場にいたので一歩外を出ると雪景色です。こういう寒い場所でリゾバをするとき、冷え性の女子は結構辛いです。

カイロとか使い捨ての暖かいグッズよりは、長く使える『腹巻き』『もふもふ靴下』とかの方が結構重宝します。

寒すぎて、今期にゾゾタウンでダウンジャケット買っちゃいましたもん。

仲のいい派遣スタッフと雪だるま作って遊んでました。いくつだよ!笑

 

雪だるまの写真(↓)

 

メンバーとの写真(↓)

二人が持ってるのは『コンビニ弁当』。このリゾバ先は、出勤日の昼と夜にコンビニ弁当が支給されるので、

施設から徒歩7分ほどの所にあるコンビニまで(17時には閉まる)毎回弁当を取りに行かなくてはいけませんでした。写真はそれの帰りです。

ちなみに、最寄り駅からホテルまでは、ホテルで出してるシャトルバスがあり要予約制で乗ることができるので買い物難民は回避できます。

 

食事は毎日コンビニ弁当

タイトル通り、食事は全てヤマザキデイリーのコンビニ弁当が支給されていました。自分では選べず1ヶ月のお弁当が決まってます。

普通に値段が書いてありますが、食事は無料です。

 

たまたま中抜けが被ったので、外のよくわからない広場のようなスペースでお昼休憩。

 

実際に、毎食コンビニ弁当を食べていると頭おかしくなってきますww

脂っこいし、お腹には溜まらないし、栄養あるのかわからないし…。

なので私たちは休みの日は、食材調達にバスで下まで降りてました。

ちえ
ちえ
リゾバで食事が、弁当系は絶対やめた方がいいよ!(詳しくはこちらの記事で「リゾバのまかない事情」オススメのまかないはこれ!」

 

この職場での出会い

リゾートバイトでは、どこに行っても『出会い』があります。

この職場でももちろんありました。

同じ寮に住むネパール人ご夫婦には、しょっちゅうご飯に誘ってもらったりしてました。

日本では食べれない料理をふんだんに振舞ってもらいました(;_;)

 

それがまた癖になる香辛料と優しい家庭の味で、普段コンビニ弁当ばかりを食べている私たちの体に染み渡る美味しさ…。

 

ここの現場は、施設の会長がネパール人ということもあり多くのネパール人が働いてました。

リゾバでは、このように外国人とも仲良くなれるのでこれもリゾバの醍醐味です。

ちえ
ちえ
ここの現場以外にも、外国人交流をしたときの話はこの記事を見てね!「実体験写真あり【リゾートバイトで外国人と働ける!】異文化交流!」 

 

今回のリゾートバイトの職場のまとめ

今回の職場は、時給が高く、しっかりとシフトにも入れたのでがっつり稼げたところに充実感がありました。

職場によっては、「休みだらけで全くシフトに入れず稼げない!」なんて現場もありますからね( ・∇・)💔

あと、仕事が比較的楽だったので、リゾバと並行して休み時間にブログなどのスキルアップに繋げられたのもよかったです!

 

今回私が利用した派遣会社はグッドマンサービスでしたが、寮環境やコンビニ弁当は明らかに失敗でした(苦笑)

しかし、1,200円で働けてがっつり稼げたので時給重視の方にはまじでオススメの派遣会社。

以下には、私が実際にグッドマンを2年以上使い倒してみて感じたことや役立つ情報などをまとめた記事を貼っておきます。

是非参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク